カテゴリ:世界編( 28 )

Locro

ロクロ
アルゼンチン・サルタ地方の代表的な料理。つぶした白とうもろこしを長時間煮込み肉その他の野菜をいれたもの。かぼちゃ、チョーリソ、豆類を入れたのもある。マテ茶と一緒にどうぞ。今なら谷中ボッサさんで食べられます。

「Fiesta Argentina 2008」 1月16日(水)~2月18日(月)
喫茶 谷中ボッサ http://www.yanakabossa.jp
nico http://nico.okoshi-yasu.com
[PR]
by yaup | 2008-02-03 22:49 | 世界編

米粉クレープ2

b0033977_2322539.jpg別の店。こちらはつけダレがさっぱりしています。
ここもひっきりなしにお客がやってきます。身近な食べ物なんだなぁ。
1皿10,000ドン
b0033977_2311127.jpg
タレ、具材、トッピング、どれも
はじめの店の方が好み。
[PR]
by yaup | 2007-01-26 23:02 | 世界編

b0033977_1264170.jpg米粉を水溶きして、専用蒸し器(木枠に布がぴんと張ってある)にクレープのように伸ばし広げる。蓋をして、しばらく蒸すと米粉クレープのできあがり。中にひき肉を入れて、くるくる巻いて皿に盛ります。ひと皿に7-8本あるので注文してから結構待ちますが、作るのを見ているが楽しいので飽きません。仕上げは揚げエシャロットとお魚のでんぶ。

b0033977_126577.jpgつけダレはニョクマムベース、さらににんにく酢とたっぷりの香菜をちぎって加えます。
店には小さな机が4卓だけ。席で待つ人、持ち帰るために並ぶ人でいっぱいです。プルプルもちもちしていてオイシイ!もうひと皿おかわりしたいところを「また明日来よう」と我慢。1皿10,000ドン



b0033977_23141319.jpg
トッピングのでんぶを市場で見つけました。おばちゃんひとりで2鍋担当。焦がさぬよう、ひたすらかき混ぜ煎りあげる。できたてを売っています。熱々のを味見させてくれました。
[PR]
by yaup | 2007-01-26 12:12 | 世界編

温かいチェー2

b0033977_043597.jpgもう一軒、こちらはホテルから遠くて3回しか行けませんでしたが、絶品でした。
熱々の生姜シロップの中に、緑豆餡とココナツの入ったお団子が2つ。その上にココナツミルクとピーナツがたっぷり。
b0033977_0432156.jpg
毎回お団子を1つおかわりして、おばちゃんは嬉しそうによそおってくれるのでした。

2畳くらいの小さな小さなお店。歩道のプラスチック椅子に座って、通りを眺めながらのんびり食べるのが楽しいのです。

1杯5000ドン、1個おかわり2500ドン
[PR]
by yaup | 2007-01-22 00:09 | 世界編

温かいチェー

南部ホーチミンは暑く、訪れたのが夏だったこともあって、かき氷入りの冷たいチェーを毎日食べていました。蓮の実や緑豆餡、寒天の上にココナツミルクがたっぷりかかった物がお気に入りでした。

北部ハノイでは、食べ物がホーチミンとは随分違っています。町で見かけるチェーはどれも温かいものばかり。ホテルのおばちゃんによると、元々は温かいおやつで冷たくして食べるようになったのは近年のことだそう。

毎日夕食後に通った店は、メニューが3種類のみ。どれも5000ドン。
●生姜シロップ+黒胡麻団子とココナツ団子
●生姜風味の黒胡麻ぜんざい(ほぼペースト状)
●くず芋と柚子入り緑豆ぜんざい
夕食後に毎日通いました。初日に片言のベトナム語で会話した女の子がいつも良くしてくれて、通うのが楽しかったです。どうやら家族経営のようで、お父さんお母さんは調理係、お兄さんは会計係、女の子3人は配膳係。満員のお客さんを見事にさばいていきます。
[PR]
by yaup | 2007-01-22 00:04 | 世界編

肉まん

b0033977_2304673.jpg毎朝、きれいに包餡したまんじゅうが竹ざるにずらりと並んでいる。横には湯気の上がった蒸し器。食べたくなるでしょ?うずらの卵入り肉まん:1個3000ドン

b0033977_231115.jpg
[PR]
by yaup | 2007-01-20 00:46 | 世界編

秘密のタニシ屋

b0033977_223283.jpg
(15:00ですが)真っ暗な路地を入ったところ。一応「oc nong (hot snail)」の看板があるけども、どう見ても民家。中に入ると、奥におばあちゃんが寝ていて、食卓があって、テレビがあって、やっぱり民家だ。
b0033977_223399.jpg
ホテルのおばちゃんは手慣れた様子で、つけダレをお碗に注ぐ。すぐに熱々のタニシが登場。店のおばちゃんは「外人客は初めてよ」と興味津々で眺めている。直径3-4cmもある大きなタニシは、弾力があり旨味が強い。そして何よりつけダレがおいしい。にんにくや生姜、唐辛子、ハーブがたくさん入っていて、さらにレモンを絞る。タニシが終わったら、ブン(細い米麺)を出してくれた。タレをタニシの茹で汁で薄めて、麺を入れてすするのだ。うま~い!
[PR]
by yaup | 2007-01-20 00:40 | 世界編

たにし

b0033977_1485741.jpgホテルのすぐそばに、毎夜大にぎわいの店があった。店というか半分路上なのだけど、黒い貝を大きなザルでジャカジャカ洗って、大鍋で茹でている。レモングラスと何かの葉っぱがどっさりで、いい香りが漂うのだ。

2日目まで、気にしながらも躊躇して通り過ぎる。3日目、どうしても食べてみたくて入る。英語が通じず、ジェスチャーと筆談で注文、食べ方を教わる。小さなタニシは1杯10,000ドン、大きいのは25,000ドン。三角のピックでくるくる引っ張り出し、辛いタレに付けて食べる。始めはうまくできなくて途中でちぎったりしていたが、すぐに慣れて向かいの女の子と同じペースで食べられるようになった。
客は黙々とタニシだけを食べ続ける。ビールが欲しくなるところですが。。

ホテルのおばちゃんに話したら、翌日「ハノイで一番美味しい秘密のタニシ屋」に連れて行ってもらうことになった。

1ドル=16,000ドン
[PR]
by yaup | 2007-01-20 00:29 | 世界編

ハノイ

b0033977_12262734.jpg正月休みはハノイに行ってきました。
昨年夏のホーチミンに続き、
2回目のベトナムです。

町を歩いていて気になったものは、
片っ端から食べてきました。
[PR]
by yaup | 2007-01-12 12:26 | 世界編

買い食い

b0033977_0332645.jpgチューリッヒの駅構内には屋台や売店、カフェがたくさんあります。いくつもあるホットドッグ屋の中でここだけ行列=きっと美味しいはず。大きなソーセージを鉄板でジュージュー焼いて、いいにおいが漂っています。

b0033977_033378.jpg穴を開けたパンにケチャップとマスタードを絞り込んで、ソーセージを詰めたホットドッグ。熱々で美味しくて、何より食べやすい。巨大ソーセージは大きなパン付き。
[PR]
by yaup | 2006-10-14 00:25 | 世界編